セレクトショップ & 嗅覚反応分析実施店 STYLE CREO スタイル クレオ 大阪府高槻市駅より徒歩1分。 レディースファッション・USEDコーナーあります 買取りもおこなっております。CREOは「がんばる女性を応援」します!! 嗅覚反応分析はアロマを使った全く新しいスタイルのセルチェック&セルフケアです お試しチェックも大人気です

精油の禁忌・注意事項

におい成分・におい分子から見た精油使用の禁忌・注意

におい成分・におい分子 禁忌・注意点 多く含む精油
フェノール類
芳香族アルデヒド類
皮膚刺激が強いため、原液で使用してはいけない。目安として、健康な成人ならば10%以下、乳幼児や妊産婦ならば1%以下で使用する オレガノ(フ)
クローブ(フ)
シナモン・カッシア(芳)
 ケトン類  神経毒性があるため、乳幼児・妊産婦・授乳中の女性・てんかん患者の使用は避ける。
子宮収縮作用もあり、投与量が多いと流産の危険性もある
ペパーミント
ヘリクリサム
ラベンダー・ストエスカ
ラベンダー・スピカ
ローズマリー・ベルベノン
ローズマリー・カンファー
など 
 ジテルペンアルコール類
セスキテルペンアルコール類
 ホルモン(女性)様作用があるため、妊産婦の使用は避ける。 クラリセージ(ジ)
サイプレス(ジ・セ)
サンダルウッド(セ)
ネロリ(セ)
パチュリー(セ)
など 
 フロクマリン類  光毒性を持つので、塗布後4〜5時間は直射日光に当たることを避ける。 ベルガモット
レモン
グレープフルーツ
ビターオレンジ
アンジェリカ
など 
 サリチル酸メチル
(エステル類)
 体内に入るとアスピリンと同じ体内代謝をするため、アスピリンアレルギーのある人は使用してはいけない。
敏感肌の人は刺激を受けるため、20%以下に希釈して使用する。
ウィンターグリーン 
 フェノールメチルエーテル類  皮膚を荒らす可能性があるため、乳幼児・敏感肌の人は50%以下に希釈して使用する。 バジル
タラゴン

その他
⚠️大量使用による頭痛や吐き気:イランイラン
⚠️大量使用による感覚の鈍化     : マジョラム

※禁忌・注意事項のない精油でも、安全性を確認してから使用するように心がけましょう。

最新情報をチェックしよう!